債務整理

家族に内緒で債務整理をしたいという方へ

「家族に内緒にしたい」という理由で債務整理に踏み出せない方へ

「借金の返済が苦しくなり、債務整理はしたいけれども、債務整理をしていることを(あるいは借金があること自体を)家族には内緒にしたい」
このような理由で債務整理に踏み出せない方は多いと思います。

しかし、借金の債務整理は、何もせずに放置していると、状況が悪化の一途を辿る問題です。
そして、状況が悪化するほど、家族に知られてしまうリスクが高まります

どうか「旦那・妻には内緒の借金だ」「家族に内緒にしたい」という方でも、お早めに弁護士へ相談をして頂きたく思います。

このコラムでは、「家族に内緒のまま債務整理することは可能か?」「家族に打ち明けた方が良いのか?」ということについて、弁護士が解説します。

1.家族に内緒のまま債務整理は可能か?

この点に対して単刀直入に回答するならば、あくまで一般論ですが、「任意整理では可能な場合もあるが、自己破産や個人再生では現実的には難しい」ということになります。
その理由は以下のとおりです。

(1) 任意整理の場合

債務整理の主な手法には、任意整理、個人再生、自己破産の3つがあります。

このうち、任意整理は、裁判所を介さずに、債権者と直接交渉して行なう簡便な手続であり、準備する書類が少ない上、手続自体が早期に終了することが通常であるため、家族に知られずに手続を終了出来る可能性は高いです。

また、任意整理では、債務整理の対象にする債権者を、債務者自身が任意に選ぶことが出来ます。
これにより、住宅ローンや車のローンなど、整理をすると家族との生活に影響がありそうなローンを対象から外すことで、自宅の競売や自家用車の引き揚げを回避したり、あるいは、家族が保証人となっている債務を対象から外すことで、債権者から保証人への請求を避けたりすること等が出来ます(ただし、整理の対象から除外した業者に対しては、従来通りの約定返済を続けていく必要があります)。

(2) 個人再生・自己破産の場合

個人再生や自己破産の場合は、裁判所を利用する法的手続ですので、裁判所に多くの資料を提出する必要があり、その中には、家族本人でないと用意が難しいものがあります(家族の給与明細など)。

裁判所提出用の家計収支表を作成する際も、家族からの情報なしに作成するのは難しいですし、特に、個人再生では、確実に履行可能な再生計画を立案するに当たって、正確な家計全体の状況の把握は不可欠なので、やはり家族との情報共有が必要になります。

また、例えば、自己破産では、不動産や車など、一定以上の価値のある財産は、裁判所により「換価」され、債権者に「配当」されてしまいます。

個人再生では、裁判所による財産の換価・配当の手続はなく、また、住宅に関しては、住宅資金特別条項と呼ばれる特別ルールの利用を裁判所に認めて貰えれば、住宅ローンの返済を続けることで、ローン債権者による住宅の処分(競売)を回避することが出来ますが、車のローンに関しては、そのような特別ルールがないため、原則として、債務整理に伴う車の引き揚げが避けられません。

つまり、自己破産や個人再生では、自宅からの引っ越しや車の引き揚げという目に見える形で日常生活に影響が生じ、その結果として、ご家族にも知られてしまうでしょう。

また、自己破産や個人再生では、全ての債権者を平等に扱う必要があるため(債権者平等の原則)、任意整理のように、例えば、家族が保証人となっている債務を整理の対象から外し、その上で、その債権者には従来通りの返済を続ける等といった、一部の債権者を特別扱いすることは、(滞納した公租公課の支払いなど、法律で認められている場合を除いて)許されません。

別居している家族にならば、内緒に出来る可能性はありますが、以上のような理由から、「ご家族に内緒で自己破産や個人再生手続をすることは、現実的には難しい」という回答にならざるを得ないのです。

もっとも、ここまでの話は、あくまで「一般論」に過ぎません。
具体的なご事情によっては、任意整理であっても、ご家族に内緒のままでは難しいケースもあれば、逆に、個人再生や自己破産であっても、ご家族に知られる可能性が低いケースもあり得ます。詳しくは弁護士への相談の際にお尋ねください。

2.債務整理を家族に打ち明けるメリット

では、「家族に内緒にしたままでの債務整理は難しいが、現実問題として、借金により既に生活が非常に苦しい」という場合、債務者はどうするべきなのでしょうか。

ここからは、当事務所の弁護士による見解となります。

家族というのはこの世の中で、最も価値があり、かつ、得難いものでしょう。
その家族のことを真に想うのであれば、逆に、これ以上傷が深くならないうちに解決すべきではないでしょうか。

今の状況は、家族に対して経済面で良くない影響を与えているでしょう。また、ご自身がお一人で悩みを抱えているという点で、精神的にも良くない状況かと思います。

「妻や旦那に打ち明けると、その驚愕、怒り、呆れ等の反応が怖い」という気持ちは十分に理解出来ます。
しかし、その驚愕や怒りは一時のもので、家族を思いやる方ならば、必ずや解決のために理解・協力してくれる筈です。

逆に、ずっと借金を秘密にしていると、どこかのタイミングで借金がバレた時に、「どうしてもっと早く打ち明けてくれなかったのか」と、かえって、より大きな怒りを買って、信用を大きく失ってしまう可能性が高いと思われます。

少し厳しい言い方をすれば、「バレたときの家族の反応が怖い」という考えは、家族のことよりも自分の都合を優先した思考であるとも言えます。

債務整理は、所詮、お金の話に過ぎません。つまり、必ず解決が可能な問題なのです。
債務整理によって経済的に再スタートを切ることが出来れば、さらに一層、家族を幸福にすることが出来るのではと思います。

借金苦から脱出するには?人生を好転させるたった1つの方法

[参考記事]

借金苦から脱出するには?人生を好転させるたった1つの方法

3.借金問題でお悩みの方は弁護士へ相談を

泉総合法律事務所では、債務整理の経験豊富な弁護士が多数在籍しております。
本コラムで記載した点についても、もし疑問に感じる点があれば、ご納得いくまで何度でもご質問ください。弁護士が親切・丁寧にご説明致します。

習志野市、船橋市、八千代市、鎌ヶ谷市、市川市、千葉市花見川区・美浜区、JR総武線や新京成電鉄線沿線にお住まい、お勤めの方で債務整理にお悩みの方は、是非、泉総合法律事務所津田沼支店にご相談ください。

無料相談受付中! Tel: 0120-790-089 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-790-089
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ