交通事故 [事例10]

50代男性会社員、後遺障害14級・請求額の満額にて解決

50代男性
主な症状損害賠償額
頚椎捻挫、腰椎捻挫 210万円

背景

Aさんが赤信号で停車中、後続の相手方車両がノーブレーキで追突した事故です。

Aさんは、ご相談の際は治療中でしたが、保険会社との対応が煩わしいということと、今後の一括対応打切りに対する交渉・後遺障害の申請・示談交渉等を見越してご依頼いただきました。

対応

弁護士費用特約付きで治療中にご依頼をいただけたので、相手方保険会社と一括対応延長の交渉を行い、約9か月間の治療において一括対応を受けることができました。

後遺障害等級が認定されているケースですと、争点が多いので、示談交渉では保険会社は請求額満額を認めることはほぼありません。しかし、本件では粘り強く交渉を行った結果、請求額満額で和解することができました。

結果

後遺障害申請を被害者請求で行い、首と腰の神経症状で併合14級を獲得することができました。

これに基づいて裁判基準で請求額を算定し、相手方保険会社へ請求・交渉の結果、請求額満額を回収することができました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-790-089 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-790-089
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ