交通事故 [事例9]

適切な医療照会により14級を獲得し、損害賠償金額は2.5倍に!

40代男性
主な症状損害賠償額
頚椎捻挫、腰椎捻挫等 120万円→430万円

背景

高速道路のPA付近で渋滞のため停止していたところ、3台の玉突き事故に遭遇した事故です。Aさんの車両はこの先頭でした。

相手保険から提示されている損害賠償金額について低額に感じていること、後遺障害は申請したものの認定されなかったことがご不満でご相談にいらっしゃいました。

対応

Aさんの怪我についてはMRIに所見があり、それによると、腰部については神経根の圧迫、頸部については椎間板の膨隆等の症状が認められました。

受任後は、医療照会により、上記所見と交通事故との因果関係を問い、それに関しての医師の回答書を得て異議申立書にまとめ、異議申し立てを行いました。

その結果、14級9号が認められ、円満に解決することができました。

結果

後遺障害については、異議申立てを行うことにより、14級9号の後遺障害等級を獲得しました。

損害賠償金については、休業損害はほぼ満額、傷害慰謝料は請求額の9割、後遺障害に関する損害賠償金については逸失利益・慰謝料ともに請求額の満額を獲得することができました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-790-089 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-790-089
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ