債務整理

個人再生すると手持ちのクレジットカードはどうなる?

借金問題を解決できる「債務整理」の中でも、「個人再生」は借金を大幅に減額できる制度ですので、認可されれば以後の支払いはかなり楽になります。

しかし、個人再生をするとクレジットカードが使えなくなるという話があります。「借金生活は苦しいし債務整理をしたいけれど、クレジットカードがないのは困る…」と思い、二の足を踏んでいる方も多いことでしょう。

果たして、個人再生を含む債務整理をすると、本当にクレジットカードは使えなくなるのでしょうか?またカードを手元に残す方法はないのでしょうか?

1.個人再生とクレジットカードの関係

最初に結論から言えば、個人再生をするとクレジットカードは持てなくなります。

個人再生をすると、借金をおよそ5分の1程度にまで圧縮できますが、認可後は一定期間ブラックリストに個人情報が掲載されます。

ブラックリストに載る、という表現はよく耳にしますが、実際に金融機関にブラックリストなる名簿はありません。
ブラックリストとは、信用情報機関の金融事故情報のことで、個人再生をすると以後5年は信用情報機関に情報が残るのです。

ブラックリストに掲載されている間は、新規借り入れやクレジットカードの利用はできません

しかし、ブラックリストは個人再生に限らず、借金の長期滞納や債務整理をすれば掲載されるので、任意整理や個人再生といった他の債務整理方法を選択したとしてもブラックリストに情報が残るでしょう。

(1) 現在持っているクレジットカード

個人再生をするとクレジットカードは使えなくなりますが、現在使っているカードについても使えなくなります。
整理対象としているクレカはもとより、借り入れがないカードについても使えなくなるのです。

なぜなら、クレジットカードには定期的な更新があり、そのときに必ず信用情報を照会しています。その際に、事故情報が確認されると更新されないのです。

(2) 新規の契約

クレジットカードを新規契約するときは、カード会社の審査があり、その際に必ず信用情報を照会します。

事故情報があれば審査に通らないため、カードを作成することはできません。

【ブラックリストに掲載されることによるその他の影響】
ブラックリストに掲載されるとクレジットカードが作れなくなるだけでなく、新たな借り入れやローンを組むことはできません。
また、保証人になれないなどのさまざまな悪影響があります。

2.ブラックリスト掲載の期間

(1) 信用情報機関ごとに掲載期間は異なる

現在、国内の信用情報機関はCIC(指定信用情報機関)、JICC(日本信用情報機構)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)の3つがあります。

個人再生をすると、いずれの機関にも金融事故情報が掲載されます。
(なお、信用情報機関同士はCRIN(Credit Information Network)という情報共有システムで情報を共有しています。)

信用情報に掲載をされるタイミングは個人再生の開始決定時です。また、それぞれの機関ごとの掲載期間は次の通りです(個人再生の認可決定からカウントした年数)。

個人再生後の信用情報掲載年数

  • CIC(指定信用情報機関)…5年
  • JICC(日本信用情報機構)…5年
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)…10年

この先の5年、10年は長く感じると思いますが、永遠に掲載されるものではないですし、過ぎ去ってみればあっという間の年月です。

クレジットカードの使用ができなくなることを恐れ、結論を先延ばしにして借金返済に苦しむのであれば、いち早く債務整理をして経済的な再建を目指すことも視野に入れましょう。

先ほど述べたように、借金を長期滞納している人はすでにブラックリストに掲載されていますので、躊躇する暇はありません。

(2) ブラックリストに載っているか確かめる方法

個人再生をしても5~10年経過すればブラックリストからは外れますが、当該の期間が過ぎても「本当にブラックリストから情報が抹消されたのか?」は気になるところだと思います。

特にブラック明けになるはずの時期でカード申し込みを検討している方は、どのように取り扱われているのか知りたいのではないでしょうか。

ブラックリストへの掲載を調べるには、3社それぞれに問い合わせをすれば確認できます。

各社の調査方法は、インターネット開示・窓口開示・郵送開示などそれぞれで異なりますので、各社の公式HPで一度ご確認ください。

なお、信用情報を開示できるのは本人、法定代理人、任意代理人、法定相続人のみです。

【同じ会社だと社内ブラックにより一生審査が通らない可能性も】
ブラックリストから情報が消えると新たにカードを作ることはできますが、個人再生時に整理をしたカード会社については、社内ブラックとして登録されるので、その会社のカード審査には一生通らないこともあるので要注意です。

3.個人再生のご相談はまずは弁護士へ

ブラックリストは永遠のものではありません。また、あなたのご家族などがブラックリストに掲載されることもありません。

クレジットカードの問題は場合によってはデビットカードで代用という解決方法もあります。カード使用停止を恐れずに、まずは債務整理で借金を解決することが大切です。

泉総合法律事務所津田沼支店は個人再生の実績が豊富にございます。クレジットカードについてのご不安なことがあれば、その点も含めてご相談に乗ることができます。

個人再生の相談は無料で行っています。また弁護士費用については分割払いにも対応していますので、費用の心配をすることなくお気軽にご相談ください。
借金問題は専門家と一緒に解決をしていきましょう。

無料相談受付中! Tel: 0120-790-089 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-790-089
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ