債務整理 [事例5]

生活費や教育費がかさみ借入⇒3100万円の借金が自己破産で0円に

50代男性
債務整理方法借金総額
自己破産 3100万円⇒0

背景

Aさんは自宅購入のために住宅ローンを組み、子供の教育費を用立てするために借入を行いました。しかし、住宅ローンのゆとり返済期間が終わり、さらには登校拒否となった子供のために補習塾に通わせる教育費がさらにかさんだため、借入を増やしました。
その後、追い打ちをかけるようにAさんが失業してしまい、「返済できる目途が全く立たない」とのことで、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

対応

ご依頼後、特に目立った資産もなく、借入理由も生活費や教育費が負担増とのことであったため、自己破産の同時廃止手続で受任することになりました。
しかし、その後、債権調査をした結果、多額の過払い金が発生していることが分かり、結果的に170万円もの過払い金を回収することができました。
そのため、方針を変更して、同時廃止手続ではなく管財事件で破産申立を行いました。
申立後、170万円のうち99万円を自由財産として手元に残せることになりました。また、それとは別に引っ越し費用としていくらか手元に残せるよう、「自由財産の拡張」を管財人に主張しました。

結果

管財人へ主張した自由財産の拡張が認められ、99万円とは別途、引っ越し費用として30万円を手元に残すことができました。また、無事に免責決定が下り、Aさんの借金3100万円は全額免除されました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-790-089 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-790-089
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ