支店長弁護士インタビュー

津田沼支店長 第二東京弁護士会前田 大介弁護士

泉総合法律事務所 津田沼支店長、前田大介(まえだだいすけ)弁護士のインタビューです。ご相談いただくにあたり、心がけていることなどをインタビューしました。

 

開放感のある明るい部屋になっております

――― まずは、津田沼支店についてお聞かせください。津田沼支店の事務所周辺の街の雰囲気や印象、駅からの道のりで、歩きやすさ・道の分かりやすさなど、来所しやすさにつながっている特徴をご紹介ください。

JR津田沼駅の南口から徒歩6分です。また、新京成線新津田沼駅の南口からも徒歩10分程で来所することができます。事務所の入るビルの隣にはダイビングショップがあります。

津田沼駅の南口は再開発エリアで、道も綺麗に整備されており、大学や病院、ショッピングモールが存在しています。津田沼駅から事務所までの間には津田沼公園があり、ちょっとした自然に癒やされます。

 

――― 事務所の相談室の特徴をご紹介ください。また、ご相談者様のプライバシー配慮、相談しやすい雰囲気のために工夫していることがあればご紹介ください。

大きな窓があるので開放感のある明るい部屋になっております。相談室は比較的広く、6人がけのテーブルが置かれています。

 

依頼者様が何でも話せるような雰囲気作りに努めています

――― 前田先生のご相談者様への対応についてお聞かせください。できるだけ早くレスポンスをするために、心がけていることや、ご相談者様と同じ目線で法律相談をするために、心がけていることなどをご紹介ください。

お電話をいただいた場合、私自身が事務所に不在であっても、事務局を通じて出先でご依頼者様からの伝言を受け取ることのできる仕組みがあるので、よい早いレスポンスが可能です。

また、兎にも角にもご相談者様のお話を丁寧に伺うことを第一に考えて法律相談に臨んでいます。

 

――― 法律相談で、ご相談者様と接する際、先生が大切にしていることや、事件解決にどのように取り組んでいきたいかの意気込みをご紹介ください。

常に穏やかであることを心がけており、依頼者様が遠慮されることなく何でも話せるような雰囲気作りに努めています。また、フットワークを軽くして、事件に対し迅速に対応することを心がけています。

 

――― 先生にとって、事件解決に取り組む際のモチベーションとなっているものをご紹介ください。

何とかして理不尽を正したいという素朴な正義感がモチベーションです。

 

――― 法律相談における早期相談の重要性について、痛感したエピソードがあれば、ご紹介ください。

債務整理のご相談で、ご相談時には既に債権者から給与の差押えを受けている方がいます。給与の差押えを受けてしまうと生活がさらに苦しくなってしまい、生活の立て直しにも時間を要します。もっと早い段階でご相談に来られていたらと痛感します。債務整理にかかわらず、法律問題は、できるだけ早めに相談されることが重要です。

 

――― 最後に、お聞きします。前田先生は弁護士として、ご相談者様に何を提案又は提供したいとお考えですか。

ご依頼者様にとって何がベストな解決方法なのか。それぞれのメリット、デメリットを正確にお伝えし、問題解決に向けて、ご依頼者様に納得していただけるよう最善を尽くします。

また、法的な解決のみならず、気持ちの面においてもスッキリと解決できるよう、常にご依頼者様のお気持ちにも気を配っていきたいです。気持ちの整理のお手伝いができればと思います。

 

――― インタビューは以上です。前田先生、ありがとうございました。

ありがとうございました。

無料相談受付中! Tel: 0120-790-089 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-790-089
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ